あなたの整体院の運営には、「仕組み」がきちんと整っていますか?
「仕組み」とは、いわばビジネスモデルやマニュアルのようなものです。
仕組みをつくって運営をすることで、やるべきことの流れが明確になって非常に効率良く運営が回るようになります。
この仕組みが徹底されている整体院は、実は非常に少ないのが現状です。
しかし、繁盛している整体院を見ると、やはり仕組み化がしっかりと行われていることがほとんどです。


整体院の運営における「仕組み」と言っても、あまりピンとこない人も多いかもしれません。
例えば、最も重要な仕組みともなるのが「リピートの仕組み化」です。

  1. 患者さんの1回目の来院後には、手書きのサンキューレターを送る。
  2. 2回目の治療前には、患者さんの現状や治療の進め方、日常生活での注意事項などを記入した簡易カルテを渡す。 
  3. 3回目の治療時には、ここまでの治療効果の判定と今後の治療計画を詳しく説明する。 
  4. 症状が緩和して来院しなくなった患者さんには1か月後にレターを郵送する。 
  5. 来院実績がある患者さんに年賀状や暑中見舞いを送る。 
  6. 反応が全くなければ1年から1年半をめどにレターやハガキの送付を停止する。 

これはあくまで一例ですが、このようなリピートの仕組みが整っていれば、ほとんどの患者さんにこの仕組みに沿った対応をしていくことができるので、毎回毎回何を行うか悩む必要がなくなります。
もちろん患者さんによって対応を変えていく必要はありますが、仕組みがベースとなっていればそこから何を増やすか、または減らすかなども分かりやすくなるのです。

これが整体院の運営における仕組み化です。
仕組み化がされているということは、しっかりと準備を整えた状態で患者さんを迎え入れることになるので、何も準備していない時と比べて患者さんの満足度もアップしやすいものです。
また、この仕組みを他院にはないオリジナルの仕組みにしていくことで、差別化が実現してあなたの院だけの魅力が完成します。
繁盛院には、オリジナルの仕組みが必ずと言っていいほど高い確率で存在しているのです。

しっかりとした仕組みを整えるには、それなりの時間がかかります。
あなたの院に合った独自の仕組みを考え、それを実践する中で色々と修正を重ねていく必要があるからです。
だからこそ、仕組み化が何もされていない院では、今すぐ仕組みづくりに取りかかりましょう。
しっかりと仕組みを整えることが、将来あなたの院の運営を楽に、そしてスムーズにしてくれる要素となるのです。