患者さんは、数ある整体院の中からどのようにして自分が時間やお金をかけてまで足を運ぶ整体院を選んでいるでしょうか。
そのことについて改めて考えた時、とても重要なポイントとなるのが院の看板です。
特に新規の患者さん、それもこれから集客に力を入れるべき若い世代の患者さんは、院の外観やなんとなく感じる雰囲気だけで整体院選びをしているような人が一定数います。

つまり院の看板一つでも、患者数を増やす大きな材料になっているのですが、そのことに気付いていない経営者は意外と多いようです。
反対に、患者さんの足を遠ざけてしまう看板を堂々と掲げている整体院も多いのが現状です。
あなたの院の看板は、大丈夫ですか?

患者数がアップする看板の特徴とは?

新患の獲得に大きく役立っている看板には、いくつかの特徴があります。

  1. 大きい看板 
  2. 分かりやすい看板 
  3. 統一感のある看板 
  4. 清潔感のある看板 

まず、看板はできるだけ大きい方が良いです。
大きい看板は当然人目につきやすく、知らず知らずのうちに多くの人に「あそこに○○整体院がある」と記憶に植え付けることができます。
そうすると看板だけで「全く知らない整体院」から「名前を知っている整体院」へと患者さんの印象を勝手にレベルアップさせることができるのです。

また、看板は多くの人が「パッと見るもの」です。
一瞬見ただけでどれだけの情報を提供できるかがカギとなります。
外看板を見ただけで院の名前、電話番号、診療日や時間などをできるだけ早く簡潔に伝えることができる看板は、患者さんに選ばれる整体院に共通の特徴です。

そして看板に求められる重要なことは、統一感と清潔感です。
看板を目立たせようとカラフルな色、原色や蛍光カラーなどを多用すると、ごちゃごちゃしてかえって見にくい看板になってしまいます。
色が同系色でまとめられた看板は、センスの良さや見やすさを感じさせ、看板のレベルをアップさせてくれるでしょう。
絶対にやってはいけないのが、古くなった看板、色あせた看板、壊れた看板などをそのまま放置しておくことです。
ほとんどの患者さんは、古い看板よりも新しい看板を選びます。
看板が古いという理由だけで、かなりの数の患者さんの獲得を逃していることに、今すぐ気付いてください。


看板を新しく変えただけで患者さんの数が倍近くに増えた、というケースは決して珍しいことではありません。 院の顔ともなる看板の役割の重要さを、今一度確認してみましょう