恐ろしいほどに早いネット環境の進化に対応し続けるために、ホームページと並んでもう一つ取り入れる良いのがブログです。
ブログは、インターネット上で書く日記のようなものです。
昔の考え方だと、日記は個人が毎日の出来事をひそかに綴るようなもので、人に見せるための日記というのはあまりなかったと思います。
書き方もネット上ではなく日記帳やノートなどのアナログなものでした。


しかし、現在では日記はインターネット上に残すブログとして形を変え、個人的な出来事を綴る以外にも、商品を紹介したり、店やサービスを広めたりというビジネスツールとしても当たり前に使われるようになりました。
多くの整体院にホームページがあるのと同じように、自分のブログを持っている整体院もどんどん増え続けています。
ブログにはホームページにはない魅力があり、うまく活用することで大きな集客につなげることができるのです。

1.患者さんとつながり続けることができる
整体院のホームページを見る人は、大体新規の患者さんです。
整体院選びの際や、行こうとしている整体院がどんなところかを知るためにホームページを見る人がほとんどです。
つまり既存の患者さん、リピーターはあまりホームページを見る機会がないのが普通です。
そこで多くの既存の患者さんをつなぎとめる、リピートしてもらう手段の一つとして、ブログがとても有効になります。


面白いブログや患者さんの興味をそそるようなブログを書き続けていると、院に来ていない時でも患者さんとつながることができます。
一見こちらが一方的に発信しているだけのように思えますが、ブログを見てもらうことで日常の中でなんとなく自分の院を意識してもらえるようになり、これが「また来てもらう」ことにつながっていきます。

2.パーソナルな部分が見える
ホームページ上で自分の院はここがすごい!キレイ!スタッフも仲が良い!だから安心して来て!とアピールしても、患者さんには伝わりにくいものです。
それは新規の患者さんがホームページをそこまで気にして見ていない、自分の欲しい情報しか目を通さない傾向にあるからです。
ホームページは基本的に今すぐ客を集めるものです。


ブログでは今すぐ客ではない見込み客やリピート客など大きなマーケットにアプローチできます。
ホームページでは伝わらない日常の空気感や院長の個人的な部分も見えるのです。
それは患者さんの安心感につながります。
ホームページでは足りない部分を、ブログではいくらでも補うことができるのです。


ブログは今や立派なビジネスの武器になります。
ブログをやっていないと時代遅れだな、と思われてしまうかもしれないほどです。
取り入れないより取り入れた方が集客アップの可能性を広げることができます。
楽しいブログ、ためになるブログ、興味をそそるブログを書くことで、患者さんとの信頼関係を自然と築くことができるとても便利なツールなのです。
ぜひ、ブログを使って発信し続けることの大切さに気付いてください。