ネット社会という言葉が当たり前すぎてあえて口にすら出されなくなってきた今。
インターネットなしではもう社会が成り立たないというレベルで、多くの人が毎日インターネットを当たり前に活用する時代です。
お客さんは何をするにもインターネットを駆使していますので、経営者もそれに対応していく必要があり、チラシ等でのオフライン戦略と平行してインターネット集客も欠かせないことは明らかです。
整体業界でも、今ではほとんどの整体院がホームページを持っています。


しかし、実際にホームページが集客につながっている整体院は、それほど多くはありません。
ホームページを作っただけで満足していては誰の目にもとまりませんし、激化するインターネット戦争を勝ち抜くには、それなりの工夫と努力が必要です。
患者さんが整体院のホームページを見る時は、どんな整体院かを知りたい時です。
ホームページ上には様々な情報が掲載されていると思いますが、ほとんどの患者さんは全てに目を通しません。


患者さんが求めている情報には限りがあります。
整体院選びのためにホームページを検索している時なら、見る情報もなおさら限られます。
患者さんが求めている情報が見付からない、または見付けにくいと、あっという間に関心が他の院に向いてしまうでしょう。
患者さんが知りたいことを分かりやすく知ることができるホームページを作ることが、インターネット集客を戦力にする絶対条件です。


1.院長やスタッフの紹介を載せる
まず患者さんが知りたいのは、その整体院にはどんな人がいるのか、どんな人に施術されるのかということです。
院長やスタッフをホームページで事前に確認できることで、患者さんは一気に安心を感じてくれます。
施術してくれる人の顔も分からずイメージがわかないと、その整体院に行ってみたくても行けない状態になりやすいのです。
難しい治療の説明が長々と書いてあるホームページより、その整体院の具体的な紹介を患者さんは求めています。


2.院内写真を載せる
院内写真も院長やスタッフ紹介と同じく、その整体院がどんなところなのか、患者さんにイメージしやすい情報を与える手段になります。
キレイな整体院だな、と思ってもらえたら、それが直接集客につながるのです。
院内写真を載せるだけで、効果は何倍にもアップさせることが期待できます。


3.よくある質問コーナーをつくる
自分が分からないことをネットで調べる時、ホームページ上で探すのは「よくある質問」の文字ではないですか?
「よくある質問」を見れば、自分の聞きたかったことや知りたかった情報が見付かる可能性が高いイメージが多くの人にあるのです。
そして、様々な項目の疑問がそこだけで解決すると、見ている人は非常に満足した状態になります。
患者さんの気持ちを考えた「よくある質問」の設置を必ず取り入れましょう。
整体院のホームページに必要なのは、難しい治療の説明や名称の解説などではありません。

・院長やスタッフの紹介
・院内写真
・よくある質問 


この3つを分かりやすく載せることで、患者さんの求めていることに応えられるホームページが完成します。


整体院『JITAN BODY』のホームページも、このことを意識してつくっています。
自分の整体院のホームページを無駄なホームページにしてしまわないよう、必ず患者さん目線のホームページ作りをしていきましょう。