経営者として自分のお店や会社、私の場合は整体院を持ちたいと決意した時、誰もがそこには確かな目標や夢があったと思います。
自分の整体院を持つことは決してゴールではなく、どんな経営者でもその先に何か叶えたいものがあるはずです。
私の場合は自分の技術や考えをもっと広めたい、たくさんの人の身体を治したいという思いで経営を続けています。
開業は、ゴールではなくむしろスタートです。
自分の院を持つ、という目標に向かってまずは頑張ることと思いますが、実際は自院をオープンさせてからが本番なはずです。

しかし、やはり現実は自分が思い描いていた通りに経営が順調に進むものではありません。
ましてやこの業界の生き残り戦争は激化する一方で、ずっと右肩上がりの経営を続けるには相当な努力が必要です。
何度も大きな壁にぶち当たっては、悩んで、決断して、失敗や成功を繰り返しながら進んでいくことになるでしょう。
今現在まさに問題に直面しているという経営者もいると思います。
もう辞めたい、全てを終わりにしようと思うこともあるでしょう。
私も何度か本当に全て終わってしまうかもしれないという危機に直面したことがあります。
それでもこうして経営者を続けることができているのには、2つの大きな理由があります。


1.絶対に夢を諦めない
開業当初に描いていた夢やビジョンは、厳しい現実を目の当たりにして何度も打ち砕かれそうになりました。
これ以上夢を追い続けても無駄だ、諦めるしかないと弱気になっていた時期もあります。
そこで本当に全てを手離してしまう経営者も当然いますが、やっぱり私は夢を捨てきれませんでした。
何度乗り越えてもやって来る困難に立ち向かうためには、最終的な夢をどれだけ本気で追い続けることができるかどうかです。

壁にぶち当たった時にかすんでしまうような夢の持ち方では、経営者として大きな成功をつかむことはできないでしょう。
諦めかけても、どんなに苦しくても、ラストチャンスだと思ってやってみよう!という行動力を持つためには、明確な夢を持っていなければなりません。
何年も経営を続けていると夢やビジョンがかすんでしまいがちですが、苦しい時こそ、自分の夢を思い出さなければならないのです。
夢のために頑張るという姿勢や考えは、長く経営を続けている人ほど意識する必要があります。


2.目標になる存在がいる
師匠や憧れの人、誰でも良いのでこの人みたいになりたい!という確かな存在を見付けましょう。
そしてその目標である人が言ったことややっていることを、片っ端から真似したり参考にしていきます。
そうすることで、不思議と結果がついてくるようになります。
目標の存在がいるのといないのでは、経営の結果に大きな差が現れるものです。
誰か1人、この人に全力でついていこうという存在を見付けることで、精神的にも強くなることができます。

憧れの存在がたくさんいすぎると迷うことも増えて上手くいかなくなるケースもあるので、この人の言うことは絶対!この人の考えややり方についていく!という人を1人見付けてください。
そして勇気を持ってその目標の人をできるだけ真似てみてください。
これが経営者として大きな成功をつかむコツの一つです。

1.絶対に夢を諦めない
2.目標になる存在がいる

この2点で私は何度も壁を乗り越えることができました。
どちらかが欠けていたら、今の私はなかったと思います。
経営を長くつづければ続けるほど忘れてしまいがちなこの2点を、もう一度しっかりと見つめなおしてみてください。