『3人のレンガ職人』というイソップ寓話を知っていますか?
経営をしている人なら、一度は耳にしたことのある人も多いと思います。
よくビジネスの話に置き換えて取り上げられることのある話なので、知らない人はぜひ読んで、あなたのビジネスのヒントを手に入れましょう。

『3人のレンガ職人』
旅人が、道の脇で難しい顔をしながらレンガを積んでいた1人の男に「ここで何をしているのか?」と尋ねると、「見れば分かるだろう、レンガを積んでいるのさ。毎日毎日、雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、1日中レンガ積みさ。」と答えた。
次に一生懸命レンガを積んでいた1人の男に「ここで何をしているのか?」と尋ねると、「家族を養うために仕事をしているんだ。この仕事があるから家族全員が食べていけるのさ。」と答えた。
最後に生き生きと楽しそうにレンガを積んでいた1人の男に「ここで何をしているのか?」と尋ねると、「歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ。素晴らしいだろう!」と答えた。

この物語から見えてくるものは色々あるのですが、今のあなたの経営や仕事に関する考え方はどのレンガ職人に近いですか?
1人目のレンガ職人は、これといった目的もなく目の前にある仕事をこなしているだけの状態です。
2人目のレンガ職人は、お金を稼ぐことが目的で、レンガ積みそのものに信念を持っているというわけではなさそうです。
それに比べて3人目のレンガ職人は、とにかく自分が今やっていることそのものに対して価値を見出し、レンガを積んでいる自分のことを誇らしいと思っているでしょう。

この3人の中で、最もモチベーションを高く持ってレンガを積んでいる職人は、明らかに3人目です。
このように、同じ仕事をしていても、どのような思いで仕事をするかで未来は大きく変わります。
自分のやっていることに対して自信や信念を持ち続けるというのは、実は簡単なようで意外と難しく、できない経営者が大勢います。
好きでやっているのか、なんとなくやっているのか、嫌々やっているのかでは、目の前の結果は同じように見えても、数年先の結果はまるで違ってくるのです。

勝ち組経営者には、圧倒的に3人目のレンガ職人のようなモチベーションで仕事をしている人が多いです。
なんとなくとか、嫌々とか、そんな気持ちで繁盛店の経営者になることは絶対にできないと思います。
とにかく自分の仕事を好きでいること、自分のやっていることに誇りを持つこと、特に整体院の経営では、自分の能力や考えが多くの人を救えることを目標にして、経営を続けていくことが何より大切です。
自分のモチベーションは自分で維持し続けなければならないのです。 ぜひあなたも、3人目のレンガ職人を目指してください。