これからの整体院の経営は、どれだけ女性の患者さんを獲得できるかにかかっていると言っても過言ではありません。
ひと昔前までは男性患者ばかりだったこの業界ですが、近年では繁盛院には必ず女性の患者さんが多いという特徴があり、男性よりも女性が多く出入りする整体院の方が経営が上手くいっているケースがほとんどです。
自院をもっと繁盛させたい、患者さんの数を増やしたいと思ったら、女性をメインターゲットとして考えた戦略が成功の秘訣であることはほぼ間違いないでしょう。


患者さんの男女比率の理想は、女性の割合が70%以上あることです。
あなたの院に来る患者さんが男性女性それぞれ半々くらいの割合だった場合、まだまだ女性患者獲得のためにできることはあると考えましょう。
もちろん男性女性、老若男女関係なく多くの人に選ばれる整体院になれれば1番良いと思いますが、ターゲットを絞らずに全ての人に対応した戦略や対策ばかりを続けていても、なかなか効果は現れにくいものです。
女性は男性よりも細かいことに気付きやすく、評価も厳しい上にすぐに誰かに自分が体験したことを伝えたがります。
女性に喜ばれる整体院の運営が、結果的に多くの人に喜んでもらえる運営へとつながっていくのです。

女性が喜ぶことは女性にしか分からない
しかし、具体的にどのようなことをすれば女性患者が増えるのか、頭を悩ませる経営者も多いようです。
基本的に男性の治療家やスタッフだけでは、整体院を女性が喜ぶ空間に仕上げることはなかなかできないというのが現実です。
そこでどうすれば良いのかと言うと、実際に女性の意見を聞いて取り入れるということです。
女性の気持ちは女性にしか分かりません。
それを男性だけで解決しようとするから上手くいかないのです。
女性が喜ぶ整体院づくりは、女性スタッフや家族、友人など、必ず女性の意見をできるだけ多く取り入れることで成功率がぐんと上がります。

  • 院内の雰囲気 
  • 家具やカーテンなどの色味 
  • 置物や小物などのセンス 
  • 院内のBGM 
  • イベントスペースのコーディネート 
  • あった方が良いもの、あったら嬉しいものは何か  

など これらは必ず女性の意見を中心に整えていきましょう。
私の整体院『JITAN BODY』でも、院内の雰囲気づくりは本当に大切にしています。

  • 清潔感 
  • 高級感
  • 特別感 
  • 明るい雰囲気 

これらを特に気にして、女性が行きたいと思う整体院づくりを強化しています。
もちろん、実際に女性の意見を聞いたり、アドバイスをもらったりしてつくり上げました。
女性が喜ぶ整体院をつくるためには、女性のリアルな声が絶対に必要です。
女性の意見を素直にどんどん聞き入れることで、女性が喜ぶ整体院をつくり上げ、結果として女性だけでなく男性も気持ち良く過ごせる空間を生み出すことができるのです。