どんな業種でも、繁盛してどんどん会社の規模を拡大させているところと、なかなか軌道に乗れずに苦しい経営から抜け出せなかったり、最終的に会社が潰れてしまうところがあります。
同じ業種で比べた時、儲からない会社があるから儲かる会社があり、潰れる会社があるから潰れない会社があります。


これがいわゆる勝ち組と負け組の二極化で、経営者はもちろん勝ち組を目指して努力します。
負け組を目指す人なんていません。
それでも数えきれないほどの負け組の経営者が生まれてしまうんです。
お客さんの数は無限ではなく必ず上限があり、そのお客さんを多く獲得することができない会社に未来はないのが現実です。


整体院は今後もどんどん数が増え続けることが予想され、患者さんの獲得競争も今よりもっと激化していくと思います。
毎日ひっきりなしにどこかで整体院が閉店を余儀なくされている時代です。
そんな激しい戦いの中を生き抜けるかどうかは、経営者の必死さにかかっています。
必死にやらなければ、整体院として繁盛店になることは絶対にできません。
私が経営者としてどんなに成功者に見えても、整体院『JITAN BODY』がどんなに繁盛していても、絶対に怠らない2つのことがあります。

1.学び続ける
学ぶことにゴールはありません。
ましてや時代は常に大きく変化し続けている中で、昔からの知識や技術だけでは対応しきれないことも山ほど出てきます。
そんな時には、とにかく勉強します。
睡眠時間を削って必死に学んで、自分の知識や技術の範囲を広げます。


私自身も『セラピストスキルアップ実践会』を運営していますが、そこに参加する人たちは整体院を繁盛させている人が多いです。
繁盛店の経営者ほど、様々なセミナーに参加してより多くのことを学ぼうとしています。
もう少し勉強した方が良いのでは?と思う人ほど、セミナーに参加したことがなかったり、どうしようどうしようと頭で悩んでばかりで自分で何とかしようとしていないものです。


2.自己投資を続ける
戦力になるような経営の強い力は、お金をかけて学ばなければ身に付きません。
お金をかけずに勉強しようとしても、新たなことはほとんど学べません。
自分の知識や技術の範囲を広げたいと思ったら、やはりお金が必要になります。
手元に学ぶためのお金がなければ借金をしてでも用意します。
もう少し売り上げが上がったら自己投資をしよう、と考える人も多いのですが、順番が違います。
お金がない時ほど自己投資が必要なのです。
そこを踏み出せない人は、自分を成長させることができない人です。


自己投資は未来への投資です。
お金をかけてしっかりと学んだことは、誰にも奪われませんし一生あなたのものです。
そこをケチってしまうと、お金をかけてでも必死に学んでいる人に置いていかれてしまうのは当たり前のことです。
だから私は絶対に自己投資にお金をかけることをためらいません。
これは経営が苦しい時から全く変わっていないスタイルです。

1.学び続ける
2.自己投資を続ける


この2つは、経営者として私が絶対に変えないことです。
どれだけ必死に学び続けて、どれだけ自己投資を続けられるかで、勝ち組の経営者になれると思っています。
もっと学べることはないですか?
もっと自己投資できませんか?
必死に頑張った分だけ、その先に明るい未来が待っていますよ。