整体院で求められること、それは患者さんの体の不調を改善することです。
腰や背中が痛い、腕や脚が動かしにくい、肩こりがひどいなど、整体院には様々な不調を抱えて患者さんが来院します。
その症状を改善することが、私たちの役目です。


しかし、整体院は近年飲食業などと同じようなサービス業としてとらえられることも多く、痛いところを治す、ということ以外にも、患者さんの心の不安感を取り除いてあげたり、心身のリラックスを提供することなども昔以上に求められるようになりました。
つまり、治療のことだけを必死に考え、治療のことについての勉強だけを何時間も続けていても、患者さんが求めていることとの差がどんどん広がってしまうことになりかねません。

時代に取り残されたら終わり
世の中の流れは自分が思っている以上に早く、ちょっと油断しているだけであっという間に時代に取り残されてしまいます。
特に整体院の院長をしていると、朝から夜までずっと院内で過ごし、家に帰ってからも寝るまで治療テクニックのことばかり考えている、という人も珍しくないでしょう。
勉強熱心なのは良いことですが、その方向が整体のこと、治療のことから抜け出せないでいると、知らず知らずのうちにどんどん狭い世界にこもってしまいます。


実はこれが、患者さんが求めていることとの差を広げる原因になり、なかなか患者さんの獲得やリピートにつながらなくなってしまうのです。
時代に取り残されると、整体院の経営も失敗します。
整体のことだけを考えるだけでは、患者さんのニーズに答えることはできない院長先生になってしまいます。

世の中の流れに目を向ける
院外のスピード、つまり世の中の様々な流れは、院内の100倍速いと言えるほどのスピードということを忘れてはいけません。
意識的に院外にも目を向けていかなければ、今何が流行っていて、何が求められていて、何をすれば注目されるのかなど、整体院の経営にも役立つ情報が更新されず、時代遅れの整体院が出来上がってしまいます。
そうなると、競争率の激しい整体院業界を生き残っていくのは難しくなってしまうでしょう。
整体院に来る患者さんは、ほぼ全員が別業界の人たちです。
共有できるのは、整体の話ではなく、世の中の流れに関する話です。
また、多くの患者さんの心に寄り添う治療を目指すならば、やはり院外の出来事に敏感になることが求められます。

情報収集はネットでリアルタイム検索
手っ取り早く世の中の流れを知りたければ、インターネットで情報を収集するのが早くて確実です。
  • YouTube
  • Yahoo!知恵袋
  • Googleトレンド
  • TwitterやInstagram
  • ネットニュース

この辺りを頻繁にチェックしておくと、大体の世の中の流れが見えてきます。
思いがけない情報収集ができることも多く、1日に時間を決めてネットで世の中の情報を把握する時間を設けるのがおすすめです。
院内のことばかり気にしていても、なかなか答えが出ないことが多いものです。
そんな時に見るべきなのは院外です。
院外にこそ、あなたがスキルアップできる情報があふれているのです。
時代に取り残されないように、患者さんのニーズにしっかりと答えられる整体院を目指してください。