整体院の経営を支えるのは、間違いなく患者さんのリピートです。
繁盛店は必ずリピート率が高いという特徴がほぼ例外なくあります。
新規の患者さんの獲得ももちろん大切なのですが、やはりいくら新患が増えても多くの患者さんたちが1回2回の来院で終わってしまうようでは、あなたの院に何かしらの問題があると考えて間違いないでしょう。

「行ってみたい整体院」づくりの前にすること

「行ってみたい整体院」を目指すことも、もちろん必要なことです。
まずは患者さんに来てもらわなければあなたの院の良さを感じてもらうことはできませんし、どんなに優れたサービスや治療技術を整えていても、患者さんが実際に足を運んでくれないことには、その良さを分かってもらうこともできません。

しかし、せっかく来てくれた患者さんを満足させる状態が整っていなければ、患者さんは根強いリピーターになってくれません。
まずは患者さんにリピートしてもらえるような仕組みやサービスをつくり、それから「行ってみたい整体院」を目指さなければ、効果は半減してしまうのです。
まずは「行ってみたい整体院」よりも、「また行きたい整体院」づくりに力をどんどん入れる方が正解です。

この順番を間違ってしまう整体院が多くみられます。
一度来てくれなくなった患者さんを再び呼び戻すのは非常に難しいことなので、来てくれた全ての患者さんに満足してもらえるような整体院を目指しましょう。
そしてその満足度が、患者さんのリピート率に直結していきます。

患者さんを変えようとする前に自分が変わるべき

患者さんにリピートしてもらいたいという思いから、強引に次の予約を取らせたり、とにかくまた来てほしい、患者さんをつなぎとめておきたいオーラを出してしまう治療家がいますが、これは絶対にやってはいけないことです。
リピートするかどうかは、あくまで患者さんが決めることです。
患者さんに自然と「また行きたい」「長く通いたい」「何かあったらあそこに行こう」と思ってもらえなければ、患者さんのリピートにはつながらないのです。
そのために必要なことは、自分自身を変える努力です。

患者さんの気持ちを変えるには、自分の気持ちを変えることから始めることが絶対条件です。
患者さんのことばかりを変えようとする前に、まずは自分を変えることができていますか?
患者さんの気持ちがなかなか動かない、と感じる時は、患者さんの気持ちを考えるより自分を変えることを考えましょう。
自分が患者さんのためを思って心から治療やサービスを提供すれば、患者さんは自然とあなたを選んでくれます。
このやり方に少しでも強引な感じや無理やり感があると、患者さんはあなたの下心を見抜いて二度と来院してくれなくなります。


リピート率を上げるためには「また行きたい整体院」づくりが必要で、患者さんの気持ちをリピートに前向きな方向に変えていくためには、まず治療家自身が本気で患者さんのことを考える姿勢に変えていかなければならないのです。
今後も患者さんの満足度を少しでも上げられるような対策を考え続けていきましょう。