多くの整体院で見られるのが、技術力のアップには力を入れていても、経営力のアップにはあまり時間もお金も費やさないようなケースです。
整体院の経営を良くするためには、技術力と経営力の両方の向上が必要なのですが、多くの経営者が技術力のアップにばかり頼ってしまう傾向が見られます。

技術力だけを高めようとする治療家

治療家には、患者さんの体の痛みや不調を良くするという大切な使命があります。
患者さんを治すために様々な勉強や修行をして治療家になり、自分の整体院を立ち上げたわけです。
そのため、経営が安定しない、売り上げがなかなか上がらない時には、もっと自分の治療スキルをアップさせなければならないという思いが先行します。
良い治療をすれば、患者さんは必ずついてきてくれると考えるのです。
そのために、技術力だけを必死に磨く治療家が多いのです。

待ちの経営では優れた技術も無駄になる

確かに良い治療を患者さんに提供することは大切なことです。
しかし、経営の世界ではその治療を多くの人に体験してもらわなければ、優れた治療技術も宝の持ち腐れになってしまうケースが非常に多いということを忘れてはいけません。
自分の治療は優れている、腕には絶対の自信があるからと、待ちの経営体制を続けていると、競争が激化した整体院業界を生き抜くことは難しく、患者さんの来院数が伸び悩むと思います。
ある程度の治療技術が身についているのであれば、むしろ経営力の強化に力を入れるべきです。

売り上げのことを考えるのは悪いことではない

治療家は、治療のことだけを考えていた方が楽です。
治療技術の向上の勉強をしている時は、なんとなく落ち着きます。
経営のことを考えるのは儲けばかりを気にして患者さんを裏切っているような、背徳感を感じてしまうものです。
そのため、あまり経営力のアップを積極的に強化する治療家がいないのです。

しかし、売り上げがなければ整体院の経営を続けていくことができません。
赤字続きの経営では、心の余裕もなくなって患者さんに最良の治療を提供することが難しくなります。
経営を良くすること、売り上げを上げること、多くの患者さんに来院してもらうことは、結果的にたくさんの患者さんの悩みを解決することにつながります。
技術力のアップに力を入れることから逃げないで、しっかりと向き合いましょう。


整体院の経営には、「技術力のアップ」と「経営力のアップ」のどちらもしっかりと考えて時間やお金を使っていくことが大切です。
繁盛店になれば、多くの人にあなたの素晴らしい技術を知ってもらうことができます。
目指すべきなのはそこです。
治療技術だけでなく経営力のアップにもどんどん力を入れていきましょう。