繁盛している整体院の治療家は、患者さんとの会話やコミュニケーションを取るのが非常に上手です。
私も、患者さんを満足させるコミュニケーションには自信があります。
限られた短い時間の中で、患者さんに「この先生はとても良い先生だ」「もっとこの先生と話がしたい」「先生の治療を受けたい」と思ってもらうには、いくつかのコツがあるのです。
患者さんを楽しませる、患者さんを笑顔にする会話術を身に付けましょう。


1.患者さんの目を見る
人に信頼される会話術の基本は、目を見て話をしたり聞いたりすることです。
最近の治療家は患者さんと目を合わせることが苦手だという人が多く、患者さんの方から治療家と目を合わせようとしてもなかなか目が合わないという声をよく耳にします。
目を合わせない治療家の印象は最悪です。
患者さんは治療家個人に対して一度不信感を抱くと、その不信感をぬぐうには相当な努力や時間が必要になります。
患者さんのことをしっかりと見る、目を合わせながら会話をするという基本的なことができていないと、多くの患者さんに慕われる治療家になることはできません。


2.ジェスチャーやリアクションをする
治療の説明をする時や患者さんの質問に答える時などは、淡々と言葉だけで伝えるのではなく、身振り手振りのジェスチャーを交えることで患者さんに親しみやすい治療家の印象を与えることができます。
患者さんの話を聞いている時なども、少し大げさにうんうんとうなずいたり、オーバー気味のリアクションをしてあげましょう。
これだけで、この先生は面白いな、もっと先生と会話がしたいなと思わせることができます。
治療家にそんなものは必要ないと思うかもしれませんが、人気のある先生は皆面白みのある先生です。
患者さんに興味を持ってもらうことが、来院患者数を増やすことにつながっていくのです。


3.「はい」と言わせる会話をつくる
患者さんとのやり取りの際、治療家側から患者さんに質問をしたり問いかけたりする場面が何度もあると思います。
その時に意識してほしいのが、患者さんにできるだけ「はい」と言わせることです。
短い時間の中で患者さんがたくさん「はい」と言える会話は、コミュニケーションが非常に良好に進んでいる証拠です。
「はい」を何度も繰り返すことで、患者さんは治療家のことを信頼しやすくなります。
反対に「いいえ」や長文で返さなければならない会話が続くと、患者さんはなんとなくストレスを感じたり、気分が明るくならないことが多くなります。
「はい」を言わせる会話の流れを一度考えてみると良いでしょう。


整体院では、人と人との関りを大切にしていかなければなりません。
患者さんの笑顔を増やすような会話やコミュニケーションを取ることが、治療家の大切な役割でもあるのです。