治療の技術は優れているのに、いつまで経ってもなかなか繁盛しない整体院は意外と多いものです。
それは何度も繰り返し伝えている通り、患者さんが整体院に求めているものが治療技術だけではない、ということの表れです。
コンビニの数をしのぐほどの整体院があふれる現状で、患者さんは常にほかの院と様々なことを比べています。
その中で常に患者さんの比較対象となるのが、院長の個性や人柄です。

患者さんは魅力のない先生にお金や時間を使ってくれない

昔とは違い、整体院は今や人気商売の一つでもあります。
人気のある院には、人気のある院長先生がいます。
愛想の悪い院長が常在している院が繁盛店になれることはほとんどありません。
患者さんは自分のお金や時間を使って整体院に通うことになるので、やはり好きでもない人にわざわざお金をかけて診てもらおうと思わないのは当然のことです。
長く通い続けてくれるリピーターになってもらうためには、患者さんに魅力的だなと思われる治療家にならなければならないのです。
患者さんに自分の「ファン」になってもらうことで、多くの患者さんが自分についてきてくれるようになります。

魅力的な院長の条件
では、魅力的な院長とはどんな院長なのか?

・親切で丁寧
・穏やかな性格
・明るくて面白い
・頭が良い
・聞き上手
・ギャップがある
・多趣味でアクティブ  

など この全てに当てはまる必要はありませんが、人気のある治療家はより多くの項目に当てはまります。

普通じゃない先生を目指す、個性を生かす
「普通」の先生は、どこにでもいます。 どこにでもいるから「普通」です。
患者さんがほかの院と比べる時には、普通じゃない何を持っているかを見ています。
特に整体院の経営を支える存在である女性の患者さんは、少し刺激的で個性的な、普通じゃない先生を求めがちです。
あなたの普通じゃない部分が個性となり、それが患者さんにとっての魅力となっていくのです。
親切で丁寧で明るい性格の治療家はそこらじゅうにたくさんいます。
個性があって素敵な先生に出会えた時、患者さんは大きな感動を覚えてその感動を人に伝えたくもなります。
こうしてあなたの個性の魅力が広まって、多くの患者さんがあなたの個性についてきいてくれるようになります。


院長の個性は、整体院経営の大きな武器になります。
「私はこんな治療家です」
「うちにはこんな院長先生がいます」
と言えるよう、院長の個性を良い方向に伸ばしましょう。
世の中で売れているのはいつの時代も、「良い商品」より「良さそうな商品」というのが現実です。
まずは良い先生だと思ってもらうことで初めて、あなたの治療技術も生かすことができるようになります。