整体院の経営を支えるのは、リピートの患者数です。
どれだけの患者さんがまた自分の院を選んでくれるかで、繁盛店になれるかが決まります。
とにかく一度来てくれた患者さんのことを離さないよう努力することが大切です。
患者さんのリピート率を上げる手段の一つが、ハガキ(DM)を出すことです。
ハガキは、患者さんに直接届く手紙のようなものです。
メールが届くより、手紙が届いた方が患者さんの心を確実につかみます。
それが自分宛てに届いたものなら、患者さんは嬉しい、丁寧だ、また行こうとプラスの感情につながるのです。


電子でのメールは資金もあまりかからず一斉に送れてとても便利ですが、やはり人の心を動かすのは断然手紙の方です。
繁盛店ほど、時間やお金をかけて患者さんに丁寧にハガキを出しているのです。
そこの手間を惜しむと、患者さんはあっという間にほかの院にとられてしまうでしょう。
ハガキで患者さんの心をつかんで離さない整体院になりましょう。

初診来院ハガキ
サンキューレターとも呼ばれるのが、初診来院ハガキです。
自分の院を選んでくれたことへの感謝の気持ち、その後の様子を気遣う言葉、またお待ちしていますというメッセージなどを明記して送ります。
次も来てほしいアピールをするより、とにかく感謝の気持ちを伝える、まさに手紙の感覚で作ることが大切です。
これは来てくれた全ての患者さんに出してほしいハガキで、このハガキが届くだけでリピート率は必ず上がります。

再来院を促すハガキ
しばらく来院していない患者さんにも、ハガキを出して再来院を促しましょう。
患者さんは、体の不調が改善されたから来なくなったケースのほかにも、行きたいけどいつ行って良いのか分からずに迷って来院できないケースが非常に多くあります。
特に2回目来院率を上げることができれば、その後は患者さんも自分のペースで通ってくれるようになることが多く、まずは2回目来院率を上げるために再来院を促すハガキを出しましょう。
お体の調子はいかがですか?その後不安なことはありませんか?いつでもお気軽にご来院ください、と心から患者さんを気遣うようなハガキを作成しましょう。

年賀状や暑中見舞い
症状が良くなれば、患者さんは整体院にしばらく来なくなります。
しかし再び体に不調が現れた時にまた自分の院を選んでもらえるように、長期来院がない患者さんにもなるべく多くのハガキを出すことをおすすめします。
年賀状や暑中見舞いだけでも届いていれば、患者さんが自分の院を忘れることはありません。
そうやってつなぎとめておくことで、また選んでもらえる院づくりができるのです。
予算や時間の許す限り、なるべく多くの人に年賀状や暑中見舞いを出しましょう。


心のこもったハガキをつくって出すことができる院こそが、長く生き残れる院なのです。
そこにかける予算を削りすぎてしまったり、面倒臭がってハガキの作成をしない院は、患者さんがリピートしたいと思える院にはなれないでしょう。