患者さんとの会話は、今後も自分の院をリピートしてもらうためにも非常に重要な役割を果たします。
整体院に癒しを求めてやって来る患者さんにとって、会話をしにくい、話しかけにくい雰囲気を持った治療家はどうしても避けられてしまう傾向があります。
何でも話しやすい先生、というのが、患者さんが求めている整体院の先生です。

話の主導権は常に自分が握ること

親身になって話を聞いてあげる姿勢はとても大切ですが、会話が弾みすぎて治療時間が大幅に長引いてしまったり、患者さんと近すぎる距離感になってしまうのも実は非常に危険です。
整体院はあくまで整体院なので、患者さんの話に耳を傾けながらも話の主導権は常に自分が握り、話の流れの中で治療に関わるような、聞かなければならない重要な情報などをしっかりと聞き出しましょう。
事前に問診票などである程度の患者さんの情報、痛みや不調の部位や様子、日常生活の行いなどを書き出してもらうことで、ダラダラと時間のかかる会話を避けることができます。

「調子はどうですか?」は危険な質問

2回目以降の来院になると、「調子はどうですか?」というセリフが患者さんに向けてよく使われますが、実はこの問いかけは自分にとっても患者さんにとってもメリットのない質問です。
調子はどうですか?と聞かれると、たいていの患者さんは「えっと…」と考え込みます。
質問のしかたが曖昧すぎるのです。
答え方に悩み、その結果患者さんのネガティブな回答を引き出しやすくなってしまいます。
1回で症状が劇的に改善されることはなかなかありませんし、まだ前回のような痛みが残っていて当たり前の状態の時の「調子はどうですか?」は厳禁です。

患者さんのポジティブな回答を促す

「調子はどうですか?」と曖昧な質問を投げかけるのではなく、「まだそこまで痛みは変わらないですよね」などとこちらから問いかけてあげると、「少しは楽になりました」などとポジティブな回答が得られやすいのです。
どうですか?ではなく、1度来院しているのですからこちら側が患者さんの症状をある程度悟ってあげる必要があります。
毎回のように「調子はどうですか?」と聞いてしまうと、患者さんは不信感を募らせて信頼関係を築く妨げになってしまう恐れがあります。


安易に「調子はどうですか?」という言葉を使ってはいけません。
この質問を投げかけることができるのは、何度も来院して信頼関係をしっかりと築けている患者さんのみです。
親身になっているようで実は患者さんを突き放してしまうような質問のしかたには、くれぐれも注意してください。