癒しを求めて整体院に足を運んでくれる患者さんに対して、確実に満足してもらうためにはどんな意識が必要でしょうか。

レベルの高い気配り

常に患者さんが何をしてほしいかを考え、気配りの意識を忘れないことは非常に重要です。
しかし、院側が患者さんに気を配るのは当然のことで、ただ普通に気配りをしているだけでは患者さんの満足にはなかなかつながらないものです。
患者さんが「良い整体院だ」と思ってくれるレベルの気配りをするためには、相当の努力や意識が必要になります。
「そんなことまで気にしてくれるんだ」と患者さんを感動させることができれば、患者さんは確実にリピーターになりますし、院の評判を口コミで広めてくれます。
1人1人の患者さんにどれだけの気配りを提供できるか、心を動かすレベルの気配りができるかで、患者さんに選ばれる整体院になることができます。

元気で明るい対応

整体院には、体が痛くて苦しんでいる人や、思うように動かせなくて不自由を感じているような、「元気ではない」人がたくさん来ます。
そこで、元気で明るい対応をすることで患者さんを元気にしてあげることが大切です。
患者さんへの挨拶や会話の際、笑顔ではきはきとしゃべることができていますか?
嫌なことがあった時に暗い顔をしていると、気持ちはどんどん落ち込んでしまいます。
どんな時でも笑顔でいることで、その笑顔はまわりの人まで巻き込んで笑顔の連鎖を生み出すものです。
元気な挨拶ができていても、笑顔で挨拶ができていない治療家やスタッフは意外と多いものです。
患者さんは、あなたの表情まで細かく見ています。
患者さんから見えるところでは常に笑顔でいることを徹底しましょう。
そうすることで、感じの良い整体院、行くだけで元気になれる整体院をつくり出すことができます。

声掛けの徹底

例えば患者さんの体に触れる時、必ず声をかけてから触れることを徹底できていますか?
特に慣れた患者さんに対して、声掛けをしなくなってしまうケースも多く見られます。
それだけで一気に不信感を持ってしまう患者さんは必ず一定数います。
リピーターの患者さんだからといって、丁寧さをなくしてはいけません。
また、スタッフ同士の声掛けもとても大切です。 スタッフ同士の声掛けがうまくできている整体院は、それだけで雰囲気が良くなって患者さんにもそれが伝わります。
言葉が飛び交っていない整体院は、なんとなく暗い雰囲気が漂いやすいものです。
患者さんへの声掛け、スタッフ同士の声掛けを意識して徹底していきましょう。


患者さんの満足度を上げるための整体院づくりには、
  • レベルの高い気配り 
  • 元気で明るい対応 
  • 声掛けの徹底 

この3つは最低限意識して行なわなければならないことです。